不動産投資の魅力って?不動産投資のメリット・デメリットを紹介!~デメリット編~

不動産投資の魅力って?不動産投資のメリット・デメリットを紹介!~デメリット編~
Pocket

前回の記事は自分で書いててもメリット多いなーとびっくりしました、ぴょん子です。こんにちは。

さて、今日は不動産投資のデメリットについてご紹介していくんですが、これもまたびっくり。結構多いw まぁ私はそれでも不動産投資でやっていこうと思うけど、これ読んで「こんなにデメリットあるならやらんよ」って人も出てくると思います。まぁそれはそれでw 自分にあった投資をすればよいと思うし、不動産投資じゃなきゃいけないってことはないと思います。ってそりゃそうだw では続きをどうぞ!

不動産投資のデメリット

金利上昇に弱い

現在は過去にないほどの低金利時代ですね。近い将来、確実に金利は上昇するといわれています。金利というのはお金を借りたときにつく利子の%のこと。なので、物件を現金で買ってる人には関係ないですが、銀行から融資を受けて物件を買っている人は大いに関係してきます。今は金利が高くても4%くらいで利回りが8%とかなので、収支プラスになりますが、これが金利8%に上昇したとすると…?収支トントン、何かトラブルがあれば即マイナスです。こわやこわや…

家賃下落リスク

新築はお好きですか?w 私は好きです、が、投資にはあまり向いていないかもしれません。新築というのは「新築」というプレミア付きですから、時間の経過とともに急降下で家賃が下がります。すると、「最初家賃月7万で計算してたからこの利回りだったのに、今じゃ5万じゃないと人が入らないよ!これじゃ利回り低すぎる!!借金返せねぇよぉぉ」といった事態になりかねないんです…。私はプレミアはいらないから中古を買いたいッス…。

空室リスク

これは、募集しても人が入居しないということです。部屋が汚かったり、家賃が高かったり、交通の便が悪かったりetc…工夫次第でなんとかなる場合がほとんどですが、ワンルームの需要がないところでワンルームの一棟ものとか買っちゃうと…どうなっちゃうんでしょうね…

滞納リスク

入居者はいるんだけどお金払ってくれないってパターンです。これは、入居する際に家賃滞納保障の契約をすれば大丈夫ですが、オーナーチェンジ(すでに入居者がいて、大家さんだけかえる)物件の場合にはその契約をしていない可能性もあるので注意が必要です。

天災

火災や地震。これは保険入っとけば大丈夫です。火災保険は超便利で、落雷でなんか壊れたとか、水漏れしちゃったとか、一見火事と関係ないじゃんってとこまで保証の範囲内だったりします。なので、どこか壊れたら火災保険の契約書を見て、保証の範囲かどうか見たほうがよいでしょう。

事故物件

入居者さんが家で亡くなった場合、事故物件になってしまうことがあります。今は隠そうと思っても隠せない時代ですね~。事故物件になると、事故物件サイト「大島てる」に載ります…このサイトはテレビにも出ていたのでご存知の方は多いかと思います。賃貸の場合、かなり値段を下げないといけないことになりますし、次に入る入居者さんには告知する義務があります。また、その物件を売却するときにも言わないといけません。逆に事故物件を安く購入する、というのは戦略的にアリだと思います。

借金

これはレバレッジのところでも出てきましたが、銀行から融資を受けて物件を買いますので、自分に200万円しかお金がなくて銀行から1億円借りたら、単純に借金ですよねw 額が大きければ大きいほど怖いです…返せるんだろうか、返せなかったらどうなっちゃうんだろうか…。でもある程度以上のお金はもう返せないのでいくらでも一緒なのかもw

購入リスク

物件を買うときには「瑕疵担保責任」というのがあって、「見えないところに問題があったら売主が責任とるよ!」っていうやつです。例えば見えないところでシロアリさんにやられちまってた!見えないところの配管傷んでた!ってなやつです。ただ、築年数が古かったりすると「瑕疵担保免責」になります。これは「見えないところに問題があってもおいら知らないよ!」ってことです。これは蓋を開けてみるまでわからないので、最初不安であれば人が住んでいるオーナーチェンジ物件にしておいたほうが無難ではあります。

建物の老朽化

節税対策の部分でもちょっと出てきましたが、建物はいつか朽ちます。だましだまし、直し直し使っていても、いつか急に水道管が割れちゃったり、屋根がぶっ飛んだりします。そんな時にめちゃんこ費用がかかります。そうなる前に売り抜けるか、壊して新築立てても利益が出るくらい家賃収入がたまっていると…いいんでしょうな…

不動産価格の下落

不動産も、ゆっくりではありますが株のように値動きがあります。今は不動産バブル真っ最中なので、これから少しずつ物件価格は落ちていくと思われます。すると、500万円で売れると思ったのに400万にしかならないやんけ、とか、この値段にしかならないなんて、これじゃ今までの家賃収入あってもトータルマイナスだよ!ってなことになりかねないわけです。これはとにかく安く買っておくことでリスク回避になります。

 

なんか数えてみたらデメリットのほうが多いような…?w でも、偉い人が言ってたな…やるって決めたらもう迷わない。迷っている時間があるなら進むんだ、みたいな(あれちょっと違うかもw)。とりあえず先にぴょん子がやってみるので、できそう~って思ったら皆さんやっていただければいいんでないかな(毒見役的なあれ?w)

次回は、とりあえずぴょん子今どの辺まで不動産投資進んでるの?ってとこを公開します!

ランキングに参加しています!ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



不動産投資について学ぼうカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。