「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでみた

「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでみた
Pocket

こんにちは。ぴょん子です。

これはもう有名すぎて書かずとも皆さんご存知かと思いますが(笑)

一応著作権違反にならない程度に本の紹介をさせていただいて、

まだ読んでいない人に興味を持っていただけたらな、と思います。

あとは読んだけど内容忘れちゃった、という方も

思い出しがてらよかったら読んでみてください~♪

金持ち父さんの6つの教え

金持ちはお金のためには働かない

金持ち父さんの考え方として

「お金のために働くのではなく、お金が自分たちのために働く」

というものがあります。

そのためには、頭を使ってお金を生み出す必要がある!

お金の流れの読み方を学ぶ

それが資産なのか、負債なのかを把握する。

例えばマイホームは皆資産だというが、税金を払わないと

とたんに国に取られてしまう=自分のものではない、かつ

もっているだけでお金がかかるので負債。

金持ちは資産から収入を得る。その収入をまた

資産に回すからどんどんお金が増えるという仕組み。

自分のビジネスを持つ

それはすなわち、本当の資産をもつ、ということ。

本当の資産とは、自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネスのこと。

例えば、株や不動産、書籍など。

会社を作って節税する

国は個人にはどんどん税金を重くして負担を強いるが、会社に対してはそれができない。

なぜなら、それを会社にやるとどんどん外国に逃げてしまうから。

金持ちは会社を作って自分の身を守っている。

金持ちはお金を作り出す

知識をつけ、市場の動向に合わせて投資の対象を変える

お金のためではなく、学ぶために働く

長期的に見れば、稼ぐため<学ぶため

の方がメリットがある。広く浅くまず学べ!

 

と、こんなような内容が書いてあります。

超分厚い本なので、それぞれがもっと詳しく書いてあります!

この本の中でよく

「ファイナンシャル・リテラシー」

「ファイナンシャル・インテリジェンス」

という言葉が出てきます。

「ファイナンシャル・リテラシー」とは、

投資には不可欠の技能であり、貸借対照表や損益計算書を理解する能力のこと。

「ファイナンシャル・インテリジェンス」とは、

①会計力

②投資力

③市場の理解力

④法律力

これらの知識のこと。

この本では、これをすれば儲かる、というのではなく、

お金についての考え方が書かれています。

アマゾンのレビューにもあるけど、

平凡に毎日を過ごしていく事に疑問を感じている方は是非一読してほしいと思います。
この本を読んで、お金に対する価値観が大きく変わるのは間違いないと思います。

ほんとこれ。価値観変わる。価値観と考え方。

 

さてさて、とりあえずじゃあスタートを切るためにどうしたらよいの?

という部分ですが、ちゃんとそれも書いてくれていて、

スタートを切るための10のステップ

強い目的意識を持つ

精神力が大事だよ!って話

毎日自分で道を選ぶ

選択する力をつけようね!って話

友人を慎重に選ぶ

そうなりたい!というところにいる人と友達になるといいんだね

新しいやり方を次々と仕入れる

勉強は子供の専売特許じゃないんだよ!大人だって勉強せなあかんのや

自分に対する支払いをまず済ませる

自制の力。買いたいだけ買うとかあかんよ!って話

ブローカーにたっぷり払う

報酬を値切られたらどう思う?もうやりたくないよね?他人だってそうだよ!って話

もとは必ず取り戻す

儲けるはずの投資で損してたらあかんやん、今は損してても長期的に見てちゃんと儲かるようにしとけよ!って話

ぜいたく品は資産に買わせる

経費で落とせるしね!(ものによる)

ヒーローをもつ

この人のようになりたい!と思ったらその人の真似をしてみよう!

教えることで得る

与えることの力はすげーぞ!って話。勉強でもこれはよく言うよね。

 

まだ読んでない人には是非読んでほしい一冊。

とりあえず普通に働いてたんじゃ金持ちにはなれないもんね。まぁ職業にもよるんだろうけど。

金融関係の仕事なら金持ちになれそうだけど、超ブラックだよね。(社畜w)

思うように生きて、最後に後悔しない人生にするための一つの方法として

不動産投資とかの不労所得はなかなかナイスだと思うんだよねー。

改めて、頑張ろうと思ったw

 

ランキング参加してます!ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

本の紹介カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。