そもそもローン借りる?現金購入とローンどっちがいいの?

そもそもローン借りる?現金購入とローンどっちがいいの?
Pocket

こんにちは、ぴょん子です。

ドル暴落でFXの残高がひどいことになっている今日この頃…ただNYダウの株価が暴落時から半分くらい戻ってきているそうなので、ドルも105円後半が底値でそろそろ上がってくるんじゃないか、と思っていますがどんなもんなんでしょうね‥。106円が底っていう人もいるし、100円行くって人もいるし…とにかくはやく戻ってきてくれー!

さて、ここ最近投稿しているローンの話。返済方法の話から先にしちゃったけど、そもそも築古の戸建てで100万とかなら現金で買えるよ?って人もいると思います。そういう場合は現金で買っちゃえばいいんじゃない?そんな疑問に今日はお答えします。

融資を受けることのメリット

少しの自己資金で大きな物件を買うことができる

年収が300万しかない!貯金が200万しかない!そんな方でも銀行から融資を受けることができます。

例えば、銀行から金利4%でお金を借りたとして、買った物件の利回りが7%だとすると、その差の3%は利益になります。物件の価格が高ければ高いほど、この利益の金額も大きくなります。

有事の際に備えて自己資金をためておける

億単位で物件を買う人が共通して言っているのが「現金はなるべく減らさない」ということ。

急なリフォームなどでお金が必要になったとき、現金がないとそこでゲームオーバーになってしまいます。とにかく現金は使わない!何かあったときのためにとっておく!これが億リ人への近道なのかもしれません。

融資を受けることのデメリット

返せないと…自己破産のリスクも。

家賃収入を見込んでローンの返済額を決めたものの、思うように入居が決まらない…

そうなったとき、家賃収入よりローン返済額が多いと、毎月赤字になり貯金や給料からローンを返すようになります。物件の額が大きければ大きいほど月々の返済額も大きいので、そのうちどうにも回らなくなり…そうなると物件の売却、もしくは自己破産の危険が出てきます。

これを防ぐには、ローンの返済額が家賃収入の50%以下になるように計画を立てるとよいでしょう。

金利が上がるとカツカツになってくる

現在金利4%で借りているとします。物件の利回りが6%なら黒字ですが、今後金利上昇になり金利が7%になったらどうでしょう。-3%の赤字です。これは固定金利を選択することで解決できます。

現金買いには敵わない

同じ金額で買付を入れた場合、現金で買う人のほうに物件が買われてしまいがちです。ただ、1億などの高額な物件を現金で買える人はあまりいないのと、やはり売主も高く買ってくれる人に売りたいので、そこは現金買いの人より少し高い値段を提示することでカバーすることができます。あとは裏技的に不動産屋さんを味方につけるのも一つの方法かと思われます。

 

いかがだったでしょうか。同じ物件でも、銀行によって金利や返済期間が異なります。物件を買う前に、どの銀行がどのくらいの金利で融資をするのかを把握しておくと、急ぎの物件が出たときでもスムーズに動くことができるので買える可能性が高まりますね。(でもサラリーマンは平日仕事だから厳しいっすねw)

ランキング参加してます!ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

不動産投資について学ぼうカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。